投資

資産運用おすすめランキング

アクティブ元年・日本株ファンド

  1. 長く付き合える投資信託をラインナップ
  2. 少額(月1,000円)からコツコツ積み立てられる
  3. 販売手数料0円、口座管理手数料0円
  4. 資産運用の専門家が、資産形成に関する情報を提供
  5. 実績のある運用チームが担当する直販専用ファンド

【日本最大級のAI株価予測サービス】QuantX

QuantXは、投資対象とマーケットシナリオを考慮したアルゴリズムにより、既存の積立やロボアドに比べ、高パフォーマンスの投資が可能です。
QuantXは、下落リスクを予測。過去データを活用した多方面による検証、ポートフォリオを考慮した投資対象の選別・分散により、リスクの見える化や軽減を実現できます。

株式投資のプロが高騰期待銘柄を絞り込み【旬の厳選10銘柄】

単なる推奨銘柄リストではなく、藤ノ井氏がなぜ今この株を買い!
とするのか根拠を示しながら上値下値目処など具体的な戦略を解説した動画もありますので、
経験の浅いビギナーでもご活用いただけます。

【新興市場ドットコム】プロのアナリストが届ける投資情報

【新興市場ドットコム】は証券会社、運用会社で20年以上、
成長企業の調査をしてきたプロのアナリストが厳選、
高成長を続ける会社の株式投資情報を低価格で提供。
投資のアドバイスにより、あなたの株式投資の高い投資収益を目指し、
強力にサポートします!

2018/11/24

金融危機、投資家のリスクヘッジの考え方とその手法

株式投資やFX 株式投資やFXをこれから始めようと考えている方、もうすでに開始している方がいるかと思われます。 給料が全然上がらない時代ですし、年金も少なくなることが予測されているので、今後は自分で稼いでいくことが求められます。 その方法として投資が適していると言うことができます。 日本人の中には投資に対してネガティブに捉えている方が少なくありません。 株式投資だと約3割、FXだと約1割しか勝てていない現状があるので、そう考えてしまうのは当然です。 ただ、投資は勉強してから開始すれば稼げるようになるので、 ...

2018/5/1

富裕層と相性の良いフィンテック革命と資産分散

フィンテックとは フィンテックとは金融とテクノロジーを融合させた、新しい時代のシステムです。 金融といえば銀行などの一部の企業が独占的に仕組みを作り出し、多くの人がその仕組みに従うしかありませんでした。 お金を引き出すのに手数料がかかる、お金を借りたくても審査が厳しい、少ない借り入れでは金利が高いといった問題が、テクノロジーとの融合で解決しやすくなっています。 富裕層以外の人にとって革命的なフィンテックですが、実は富裕層にも恩恵が得られる優れた部分を持っています。 金融の取引がテクノロジーを通じて便利に安 ...

2018/4/20

今後のソーシャルレンディングの位置づけ

ソーシャルレンディングの仕組みとは 「ソーシャルレンディング」を利用すると、自身が希望する目的に対して必要な出資を集められる可能性があります。例えば、個人が思い付きで考えたビジネスプランをサービス上に開示しておくと、そのプランを買ってくれた投資家から金銭補助を受けられるようになるというような形です。実際には直接投資(融資)ではない為、出資者はどのような案件に対して投資をしているのかが分かりませんし、投資を受ける側からしても誰から投資してもらっているのかを把握することは出来ません。 基本的にはビジネスプラン ...

2018/4/10

ソーシャルレンディング企業のルーツ

ソーシャルレンディングの歴史 ソーシャルレンディングは、2005年にイギリスの企業である「ZOPA(ゾーパ)」がサービスを開始したのが始まりと言われています。 その後、アメリカでも同様のサービスである、ソーシャルレンディングを提供する会社が現れ、2006年には「Prosper(プロスパー)」が、2007年には「Lending Club(レンディングクラブ)」が誕生しています。 因みに「Lending Club(レンディングクラブ)」は世界最大のソーシャルレンディング会社で、あの「Google」も投資してお ...

2018/4/1

数時間で完売するソーシャルレンディングの魅力

ソーシャルレンディングの人気の理由とは ソーシャルレンディングは新しい投資方法として登場したものです。まだ歴史が浅い方法であるにも関わらず、数時間で完売する例が見られるほど、利用者が殺到しています。 知っている人からすれば儲けが得られやすい投資方法ではあるものの、まだ広く知られていない世界とあり、資産運用を効率的に行うなら、早めの参加を考えたいところです。 数時間で完売するほど人気を集めている理由として、高い利回りがあります。ソーシャルレンディングでは商品ファンドを販売して、事業者が投資家から資金を集めま ...

2017/11/6

注目のETFチャート

注目のETFチャート バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(世界分散株式) iシェアーズ 米国優先株式ETF(優先株・高配当) バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(新興国株) バンガード トータル・ストック・マーケットETF(米国全体株) バンガード 米国高配当株式ETF(米国高配当株) バンガード・S&P500ETF(米国大型株) SPDR S&P500ETF(米国大型株) バンガード・米国トータル債券市場ETF(米国債券) バンガード FTSE・ヨーロッパETF(欧州株) ...

2017/9/28

もともとは富裕層向けの総合的な金融サービスであるラップ口座でしたが

日本投資顧問業協会は7日、投資家が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の資産残高が2017年6月末で6兆9272億円になったと発表した。3月末に比べ約5%増え、過去最高を更新した。株式市場では日経平均株価が2万円を回復した局面で、運用成績が改善した影響が大きかった。  6月末の契約件数も59万835件と過去最高を更新し、3月末に比べて5%伸びた。個人投資家の新規マネーも残高増に寄与。低コスト投信やロボット・アドバイザーの登場など「投資家の選択肢が増えるなかで、ラップ口座を選ぶ層は限られてきた」(楽天証券 ...

2017/6/6

ラップ口座比較

ラップ口座比較 見たい項目のタブをクリックして下さい。 ファンドラップフィー最低利用金額その他 ウェルスナビ株式会社 ファンドラップフィー(投資一任手数料+管理手数料)最大1% 最低利用金額は10万円以上(積立は毎月1万から) https://www.wealthnavi.com エイト証券株式会社 ファンドラップフィー(投資一任手数料+管理手数料)最大0.88% 最低利用金額は1万円以上 https://www.8securities.co.jp SMBC日興証券株式会社 ファンドラップフィー(投資一任 ...

おすすめまとめ

二重(LINEお友達登録)

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア