BNLS(脂肪溶解注射)のお役立ち情報

BNLS注射で小顔になる効果は期待できる?

小顔の基準とは?

BNLS(脂肪溶解注射)で小顔になるには?

まずはじめに小顔の基準について考えてみましょう。
日本人女性の顔の大きさの平均は次のとおり。

  • 頭の縦の長さが21.8cm
  • 頭の横幅が15.33cm
  • 耳の付け根部分から目のラインを通る横幅が13.8cm
  • 左右の顎の最も尖っている部分をつないだ横幅が10.25cm

参考:産業技術総合研究所「日本人頭部寸法データベース2001」

顔の大きさの平均よりも小さければ、比較的小顔であるといえそうです。

小顔に見える条件

次に小顔に見える条件について解説します。
小顔に見える条件は次のとおり。

  • 余分な皮下脂肪がついていない
  • 二重アゴではない
  • たるみがない
  • フェイスラインにもたつきがない
  • 顔の余白が少ない

若い頃からテレビで活躍する芸能人が年を重ねるにつれて顔が大きくなってきたような気がしませんか?
若い頃の写真と今を比べると、体格は変わらないのに顔だけが大きくなっているように見えることがしばしば。
40代を過ぎると、目のまわりや頬の脂肪が下がってたるみ、フェイスラインが崩れやすくなります。
さらに、顔のたるみが現れることによって顔のバランスが崩れてしまうことも!

シャープな小顔を目指すことは若々しい美しさをキープすることにもつながるのです。
そうはいっても、ダイエットでの部分痩せはできないし・・・とお考えですか?

そこでおすすめしたいのが、BNLS(脂肪溶解注射)による顔の部分痩せによる小顔形成です。

BNLSの小顔注射とは?

芸能人やモデルの特徴といえば、余白のない小顔!
顔の皮下脂肪が多いと余白の多い顔になってしまいます。
顔は筋肉が少ない部位です。
筋肉が少ないところでは脂肪が燃焼されにくいため、ダイエットに成功したのに小顔にならない・・とお悩みの方も多いのでは。

BNLS小顔注射の成分

BNLSは天然ハーブを主成分とした脂肪溶解注射です。
植物由来の成分を皮下脂肪の量が気になる部分へ注射して脂肪の溶解を促します。

従来の脂肪溶解注射の主成分「フォスファチジルコリン」は注入部にむくみや熱感などの副作用が出やすいリスクがありました。
BNLSの主成分である「デオキシコール酸」は植物由来の成分となっているため、従来と比較すると副作用が生じるリスクが少ないことが期待されます。

BNLS注射の小顔効果

BNLSの小顔注射は脂肪細胞数を減らし、リンパの流れをよくすることで、むくみや老廃物を除去する効果も期待されます。
自力で頑張るダイエットでは脂肪細胞を小さくするだけなので数は変わりません。
BNLSの小顔注射では不要な脂肪を毛細血管やリンパ管から体外へと排出することで脂肪細胞の数自体を減らしてしまうため、痩身効果が持続することが期待されるのです。

小顔BNLSの効果

  • ダイエットしても落ちないホホやアゴ下の脂肪が1週間ほどで減らすことが期待される。
  • 小顔BNLS注射なら腫れは翌日にはほとんど引いてしまう。
  • ダイエットでは落としにくい皮下脂肪の減少が、数日程で期待できる。
  • 脂肪細胞数が減るため効果が長持ちすることが期待される。
  • 小顔BNLS注射は天然素材主成分の脂肪溶解注射

BNLSの小顔注射はこのような方におすすめ

  • シャープな輪郭になりたい方
  • 余白のない小顔を目指している方
  • たるんだ二重あごにお悩みの方
  • 楽して小顔になりたい方
  • 頬やフェイスラインの皮下脂肪を減らしたい方
  • ダイエットしても顔の脂肪が落ちない方
  • 痛みやダウンタイムは嫌だという方
  • リバウンドしにくい小顔治療を探している方
  • 脂肪吸引は怖いという方

BNLS注射で小顔になる効果は期待できる?

BNLS注射で小顔になる効果は期待できるのでしょうか。

BNLS注射が効きやすい部位は?

BNLS注射は別名「輪郭注射」と呼ばれています。
これはBNLS注射がホホやフェイスライン、アゴ下などで効果が期待できる傾向があるためです。
ホホやフェイスライン、アゴ下は脂肪やむくみが出やすいため効きやすいようです。
そのため、小顔効果がある美容医療を探している人にはBNLS注射がおすすめなのです。

BNLS注射で小顔効果が期待される量は?

顔の部分痩せによる小顔形成で効果が期待されるBNLS(脂肪溶解注射)の量が何cc必要かの目安は次のとおり。
※BNLS(脂肪溶解注射)の効果が期待される必要量には個人差があるため参考程度にお考えください。正確な量が何cc必要かについては専門医のカウンセリングを受けましょう。

法令線周囲の頬
1cc~2cc (片側)
頬骨部
1cc~4cc (片側)
アゴ下
3cc~5cc
フェイスライン
1cc~5cc (片側)

BNLS注射で法令線周囲の頬の部分の皮下脂肪を減らすことで、頬のもたつきを減らし、ほうれい線を薄くできることが期待されます。
頬のもたつきを減らすことによる小顔効果と、ほうれい線を薄くすることにより若々しく見えることが期待されるのですね。
頬骨部も人によっては皮下脂肪がつきやすい部位です。

また、頬骨部の皮下脂肪はダイエットしても落ちにくいです。
痩せているのに笑顔のときにほっぺたがたこ焼きみたいになる方は多いですし、小顔のモデルさんにもそのような方はいます。
ダイエットの効果が出にくい部位の皮下脂肪だけを減らしたいときにBNLS(脂肪溶解注射)はおすすめです。

アゴ下の皮下脂肪をBNLS(脂肪溶解注射)で減らすことで二重アゴのお悩みから解放される効果が期待されます。
フェイスラインの皮下脂肪をBNLS(脂肪溶解注射)で減らすことでぼんやりとした輪郭でなんとなくお顔が大きく見えてしまうというお悩みから解放される効果が期待されます。

BNLS(脂肪溶解注射)で小顔になるにはこれらの部位の皮下脂肪を減らすことをおすすめします。
あくまでひとつの目安ですが、BNLS(脂肪溶解注射)で小顔効果を期待するなら一回につき20cc前後が必要であると考えられます。

鼻にも皮下脂肪がついて鼻太りしてしまったという方は鼻のBNLS(脂肪溶解注射)ですっとした鼻にすることで顔全体の印象がスッキリすることが期待されるかもしれません。

そのほかの部位のBNLS注射の目安量が何cc必要なのかについては『BNLS(脂肪溶解注射)の量の目安はどれくらい?何本?何cc?』をご参考にしてください。

BNLS注射の小顔効果をアップする方法は?

BNLS注射の回数を増やす

一般的に、BNLS注射は3回繰り返すと効果が期待できるといわれています。
BNLS注射の効果を感じたタイミングでさらに繰り返すことでより小顔効果を実感できることが期待されます。

エラやたるみの治療を組み合わせる

BNLS注射は皮下脂肪やむくみを減らす注射です。
顔が大きく見える原因は皮下脂肪だけではなく、エラ(咬筋)や皮膚のたるみ、バッカルファットが多いなど原因はさまざま。
これらの複数の原因が組み合わさって顔が大きく見えてしまっている方も多いとみられています。

BNLS注射と組み合わせることでさらに小顔効果が期待できるのは次のような施術です。

これらをBNLS注射と組み合わせることで、効果的に小顔にすることが期待されます。
エラボトックスや医療ハイフ(HIFU)などはダウンタイムも少なく効果的なので、BNLS注射と組み合わせて行う方も多い人気の施術のようです。

BNLS注射のクリニック比較

品川美容外科 湘南美容外科クリニック TCB 東京中央美容外科 もとび美容外科 キレイパス 聖心美容外科
料金の目安 1cc
1,980円〜
1cc
1,980円〜
1cc
1,980円〜
1cc
2,980円〜
安いBNLSの
クリニック情報多数
1cc
5,500円〜
クーポン なし なし なし なし クーポンコード:2jdn2 なし
特徴 品川美容外科の「1日脂肪取り® 顔やせ」は脂肪溶解注射(小顔注射)の一種。 全国展開で病院数が多い。
BNLSが安い。
全国展開で病院数が多い。
BNLSが安い。
BNLS以外の脂肪溶解注射も導入。 全国から最安クリニックを探せる。 脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)。
公式サイト

安いBNLSを全国から探すなら

KIREIPASS

安い美容医療を探すのにおすすめなのがキレイパスです。
「BNLS(脂肪溶解注射)だけではなく、小顔治療で人気の「HIFU(ハイフ)」や「BNLS以外の脂肪溶解注射」もあります。
エリア検索で近所の安い病院を発見できたりするので、美容医療が大好きな人におすすめです!

※BNLSは小文字(bnls)で検索すると検索結果が出てきません。大文字で検索しましょう。

クーポンコード:2tfrz

\美容医療チケット/

美容医療チケット掲載数No.1のチケット購入サイトならキレイパス

BNLS(脂肪溶解注射)がおすすめ美容外科クリニック一覧

品川美容外科

キレイになりたいあなたを応援♪

札幌・仙台・千葉・大宮・東京(品川・新宿・銀座・渋谷・上野・池袋・など)横浜・静岡・名古屋・梅田・心斎橋・岡山・福岡など

美容顔やせ

品川美容外科の小顔注射「1日脂肪取り® 顔やせ」とは?

従来の脂肪溶解注射は炎症や痛みが出やすく、術後おたふく風邪のような腫れが1週間程度続くことが一般的でした。
品川美容外科の小顔注射「1日脂肪取り® 顔やせ」は、天然由来成分を使用することで、腫れにくくダウンタイムが少ないことが特徴です。

湘南美容外科クリニック

札幌・仙台・千葉・埼玉・東京(新宿・銀座・渋谷・上野・池袋・品川など)横浜・名古屋・京都・大阪・広島・福岡など

小顔注射(BNLS neo)

ダイエットでは痩せにくい顔には小顔注射(BNLS)
8月4日より、人気の脂肪溶解注射BNLSneoの進化版であるBNLS Ultimateの提供を開始。
また、BNLSneoを施術する際に、内出血を出にくくするために使用していたオプションメニューのマイクロカニューレが無料に。
ほっぺやあご下のお肉が気になっている方はぜひお試しください!

もとび美容外科

【東京都新宿区】もとび美容外科クリニック(新宿駅から4分)

BNLS 安い脂肪溶解注射

BNLSアルティメット(小顔注射)は腫れにくく効果の高いことが期待される小顔注射です。
従来のBNLSの腫れにくさを保ちながら、脂肪溶解に効果的な成分デオキシコール酸を強化し、その他有効成分を融合しました。
また、もとび美容外科クリニックでは、今までの脂肪溶解注射では満足できなかった人におすすめのFatX Core(ファットエックス コア)も導入しています。

脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)もいかが?

聖心美容クリニックの脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)

脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)

FatX(ファットエックス)脂肪溶解注射とは
従来の脂肪溶解注射(メソセラピー)とは違い、脂肪細胞を小さくする効果があり、さらに脂肪細胞の数を減らすことができる最新の脂肪溶解注射です。
脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドのリスクが少なく半永久な痩身効果があります。
1回の施術でも効果がありますが、1ヶ月間隔で3~5回施術すると、より高い痩身効果が得られます。

施術名:BNLS(脂肪溶解注射)
施術の説明:植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促す施術です。
施術の副作用(リスク):内出血・注入部分に発赤・腫れ・疼痛・つっぱり感・熱感・硬結を生じる可能性があります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-BNLS(脂肪溶解注射)のお役立ち情報

© 2020 WMR Tokyo