BNLS(脂肪溶解注射)の教科書

BNLS(脂肪溶解注射)とは

BNLS(脂肪溶解注射)とは

BNLS(脂肪溶解注射)とは、脂肪溶解液を直接注射することで脂肪を分解・溶解させて、気になる部分をサイズダウンすることができます。
また、脂肪を分解・溶解するのでリバウンドの心配もないダイエット法です。
今までは、部分痩せを行うには脂肪吸引による方法が主流でしたが、BNLS(脂肪溶解注射)は、お顔やお腹や二の腕部分などの気になるところにレシチンを中心としたアミノ酸やビタミン剤を注射するだけで終了です。

脂肪溶解注射BNLSの効果

小顔注射(BNLS neo)

小顔・引き締め
痩身
大きな変化
痛み
料金

BNLS(脂肪溶解注射)の作用

  • 脂肪分解作用(小顔・輪郭矯正)
  • リンパ循環作用(たるみ改善)
  • 肌の引き締め作用

BNLS(脂肪溶解注射)のメリット

浸透する薬剤は、脂肪に直接働きかけるため、肌の表面も凸凹になりません。
たるんだお腹・二重アゴ・頬など、痩せにくい部分を安全かつ簡単に痩せられ、小顔効果があるといわれていることから、気になる部分だけをダイレクトに狙って、理想的に痩せることも可能というメリットがあります。
また、脂肪組織を分解するので、脂肪と老廃物のかたまりであるセルライトの解消にも効果があります。

BNLS(脂肪溶解注射)のデメリット

これらに当てはまる人は、BNLS(脂肪溶解注射)ができません。
BNLS(脂肪溶解注射)は簡単な施術ですが、万人向けではないのでご注意ください。

  • 小児
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 肝臓や腎臓の病気の方
  • 糖尿病など血管の病気を併発するものをお持ちの方
  • 自己免疫疾患の方
  • 炎症のある方
  • 大豆やクルミ、海藻のアレルギーまたはその摂取などにDrストップがかかっている方

BNLS(脂肪溶解注射)の効果と安全性

脂肪溶解注射の効果と安全性は、開発国フランスでの実績により認められており、現在ではヨーロッパを中心に世界中に急速に広まっている痩身法です。
リスクが低く、安全性が高いため身体への負担も最小限に抑えられます。

BNLS(脂肪溶解注射)のダウンタイム

注射を打つだけなので、施術は5~10分程度と短時間で可能。
ダウンタイムはほとんどなく、休みを取らなくていいので、人に知られることなく施術ができます。

BNLS(脂肪溶解注射)で痩せるメカニズム

太ったり痩せたりといった外見の変動は脂肪の数ではなく、細胞の大きさが変動することが原因です。
成人になると脂肪細胞の数は変動しないため、一度除去された脂肪が再生することはありません。
脂肪を溶かし、体外への排出を促進する薬剤を注射する事で特に部分痩せに効果があります。
BNLS(脂肪溶解注射)は注射後の約3日で効果を実感できるといわれ、小顔、顔痩せに興味があるが手術や腫れる治療には抵抗がある、という方におすすめの美容医療です。

BNLS(脂肪溶解注射)のリバウンドは?

BNLS(脂肪溶解注射)は、脂肪細胞を分解・溶解することにより減らすので、リバウンドが非常に起こりづらいというメリットがあります。
つまり、BNLS(脂肪溶解注射)は脂肪細胞そのものを減らす施術なので、リバウンドの可能性が低いのです。

BNLS(脂肪溶解注射)なら短期間で理想の小顔・ボディに

BNLS(脂肪溶解注射)で、小顔メイクや無理なダイエットからの卒業しませんか?
小顔治療のニューノーマルBNLS(脂肪溶解注射)は、注入した薬剤で脂肪を溶かし、老廃物等と一緒に体外に排出することができることで人気の美容医療です。
BNLS(脂肪溶解注射)は顔痩せ、部分痩せしたい方に向いています。
二重あごが気になる、部分痩せをしたい、気軽に受けられる治療が良い、リバウンドしづらい治療を探している、などお悩みにあった小顔治療ならBNLS(脂肪溶解注射)がおすすめです。

BNLS(脂肪溶解注射)の口コミ

脂肪溶解注射BNLSの成分

顔を一回り小さくする小顔注射(BNLS)

脂肪溶解注射BNLSは、従来のPPC(フォスファチジルコリン)とDOC(デオキシコール酸)ではなく、植物由来のものなどを主成分としています。

セイヨウトチノキ
セイヨウトチノキは「マロニエ」とも呼ばれるサボテンです。
この種子から抽出したエキスには、抗炎症作用・収れん作用・毛細血管浸透作用・抗浮腫作用・血行促進効果があり、むくみ改善やセルライト除去が期待できます。
ペアシアグルミ
α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)の作用により、血行の流れをよくして新陳代謝を活発にします。
アデノシン三リン酸(ATP)
アデノシン三リン酸は、一般的に「ATP」と呼ばれるエネルギーを生産してくれる物質です。
血管を拡張して血流を改善することで細胞への栄養供給を増やし、細胞機能を活発にさせます。
チロシン
非必須アミノ酸の一つで、体内では必須アミノ酸であるフェニルアラニンを原料として合成されます。
チロシンからドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンなど神経の興奮や抑制に関わる神経伝達物質の代謝を促進します。
脂質の代謝をアップする効果があり、活動エネルギーが適切に利用されるよう循環を整えます。
ヒバマタ(海藻)抽出物
コラーゲン・ミネラル・アミノ酸を豊富に含む海藻の一種です。
新陳代謝を活性化する効果があり、脂肪燃焼をサポートします。
老化防止にも効果があるとして注目されている成分です。
オキナグサ(アネモネプルサティア),カラクサケマン
抗炎症作用・創傷治癒作用・肌再生作用、3つの効果で効果的な脂肪分解と、腫れやむくみなどのダウンタイムの軽減を叶えます。

BNLS(脂肪溶解注射)おすすめランキング

【東京都新宿区】もとび美容外科クリニック(新宿駅から4分)

BNLS 安い脂肪溶解注射

BNLSアルティメット(小顔注射)
腫れにくく効果の高いハイブリッドな小顔注射が登場!
BNLSの腫れにくさを保ちながら、脂肪溶解に効果的な成分デオキシコール酸を強化し、その他有効成分を融合した史上最強のBNLSです。

湘南美容外科クリニック

小顔注射(BNLS neo)

ダイエットでは痩せにくい顔には小顔注射(BNLS)
8月4日より、人気の脂肪溶解注射BNLSneoの進化版であるBNLS Ultimateの提供を開始。
また、BNLSneoを施術する際に、内出血を出にくくするために使用していたオプションメニューのマイクロカニューレが無料に。
ほっぺやあご下のお肉が気になっている方はぜひお試しください!

KMクリニック(JR新宿駅東口より徒歩5分)

KMクリニックはJR新宿駅東口より徒歩5分!
高田馬場・歌舞伎町・新大久保からも近くて便利な美容外科クリニックです。
患者様との対話やコミュニ―ケーションを大切にしています。

30日間小顔ダイエットプログラム

30日間小顔ダイエットプログラム【ハナビューティークリニック】

月額4,700円〜で理想のフェイスラインに
・実績豊富な当院の院長が一人ひとりに最適な小顔メニュー(脂肪溶解注射(BNLSアルティメット)、ボトックス(エラ)、ダブロゴールド、ヒアルロン酸小顔注射など。)をご提案!
脂肪、エラの張り、たるみ、パーツ崩れのお悩みにもおすすめ。
・全て切らない施術なので安心、ダウンタイムも最小!

脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)もいかが?

聖心美容クリニックの脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)

脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)

FatX(ファットエックス)脂肪溶解注射とは
従来の脂肪溶解注射(メソセラピー)とは違い、脂肪細胞を小さくする効果があり、さらに脂肪細胞の数を減らすことができる最新の脂肪溶解注射です。
脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドのリスクが少なく半永久な痩身効果があります。
1回の施術でも効果がありますが、1ヶ月間隔で3~5回施術すると、より高い痩身効果が得られます。

あわせて読みたいBNLS(脂肪溶解注射)ブログ

脂肪溶解注射BNLSアルティメットとは

BNLS(脂肪溶解注射)の教科書

脂肪溶解注射BNLSアルティメットとは

脂肪溶解注射BNLSとは まず、BNLS(脂肪溶解注射)について説明します。 BNLS(脂肪溶解注射)は、植物由来の成分を主成分とし、顔痩せ・小顔・部分痩せに適した、国内でも実績のある脂肪溶解注射です ...

BNLS(脂肪溶解注射)の効き目がありそうなのはどんな人かチェック

BNLS(脂肪溶解注射)の教科書

BNLS(脂肪溶解注射)の効き目がありそうなのはどんな人かチェック

BNLS(脂肪溶解注射)おすすめ度チェックリスト BNLS(脂肪溶解注射)の効き目がありそうなのはどんな人? 次の項目に当てはまる項目が多いほど、BNLS(脂肪溶解注射)はおすすめの人です。 脂肪吸引 ...

BNLS(脂肪溶解注射)とは

BNLS(脂肪溶解注射)の教科書

BNLS(脂肪溶解注射)とは

BNLS(脂肪溶解注射)とは BNLS(脂肪溶解注射)とは、脂肪溶解液を直接注射することで脂肪を分解・溶解させて、気になる部分をサイズダウンすることができます。 また、脂肪を分解・溶解するのでリバウン ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
BNLS(脂肪溶解注射)ガイド編集部

BNLS(脂肪溶解注射)ガイド編集部

BNLS(脂肪溶解注射)の最新情報、お役立ち情報をお届けします。

-BNLS(脂肪溶解注射)の教科書

© 2020 WMR Tokyo