鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

BNLS(脂肪溶解注射)の鼻への効果とは

BNLS(脂肪溶解注射)の鼻への効果とは

BNLS(脂肪溶解注射)は、植物から抽出した成分を主成分としています。
今までの脂肪溶解注射と比較すると腫れが少ないという効果が期待できるといわれています。
分解された脂肪細胞や老廃物は毛細血管を通じて尿に排出されます。

BNLS(脂肪溶解注射)は、これまでの脂肪溶解注射ではできなかった、鼻先や小鼻、目周りや口まわりなど、細かい部位の治療に適しています。
手術をすることなく、注入部位の脂肪を減らすことが期待できるといわれています。

鼻へのBNLS(脂肪溶解注射)なら、メスを使わずに脂肪を落とすことでキュッと引き締まったラインを作ることができます。
「鼻筋が太い」「小鼻が広がっている」「だんご鼻が気になる」など、鼻の気になる箇所に注射を行うことで、脂肪を減らす効果が期待できます。

BNLSは鼻先や小鼻などのも効果が期待できる

BNLS注射は、これまでの脂肪溶解注射ではできなかった鼻先や小鼻などの細かい部位の治療にも適しています。
鼻の脂肪を減らすことができるので、鼻筋や団子鼻、小鼻をスッキリさせることも可能です。
いわゆる美容整形のように手術をするのは望まない方、わずかな変化を少しずつ得たい方にBNLS(脂肪溶解注射)はおすすめです。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の効果が期待できそうな人

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の効果が期待できそうなのは次のような人です。

  • 鼻の脂肪がたくさんついている人
  • 鼻先や小鼻を少しずつ引き締めたい
  • 鼻筋が太い
  • 小鼻が広がっている
  • だんご鼻が気になる
  • 腫れにくい治療をしたい
  • 手術には抵抗がある
  • ダウンタイムがとれない

注意したいのは、鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は脂肪を溶解する注射なので、鼻の脂肪がない人の場合は効果が期待できません。
皮膚の厚みや骨格やたるみが原因の場合は他の美容整形を選ぶ方が効果が期待できるでしょう。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)のメリット

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)はバレにくい

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)なら注入量を選べるため、少しずつ鼻を小さくできるため、周りにバレにくいのがメリットです。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)はダウンタイムなし

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は注射でのプチ整形なので鼻の美容整形手術のような施術後の痛みや腫れ、赤みなどはほとんどないという効果が期待できます。
一般的にダウンタイムなしとはいえ、サウナ、飲酒、激しい運動は施術後2~3日間は避けるようにしましょう。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の副作用・リスクとして、むくみや腫れ、内出血が見られる場合がありますが、時間とともに治るといわれています。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は傷跡が残らない

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は注射でのプチ整形なので鼻の美容整形手術のようにメスを使用しません。
注射だけなので傷跡が残らないという効果が期待できます。
切らないので傷跡が残らないというのは今までの花の美容整形にはない大きなメリットです。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は体への負担が少ない

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は植物由来成分を主成分としているので、体への負担が非常に少なく、痛み・腫れがほぼないことが期待されます。
また、治療時間が5~10分と短いこともBNLS(脂肪溶解注射)のメリットです。
注射箇所以外は、当日からメイク・洗顔が可能です。
クルミアレルギー、授乳中、妊娠中、皮膚炎、感染症等の方には使用できません。
アレルギー体質の方はカウンセリングで医師に相談しましょう。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の量は何ccくらい

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の量は1回の施術のBNLSは何ccくらい使うのでしょうか。
BNLS(脂肪溶解注射)は部位を問わず、個人差があるのが一般的です。
その理由は脂肪のつき方には個人差があるため、効果が期待できる量は人によって異なるからです。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の量は、1回の施術につき1~4ccといわれていますが、基本的に鼻先・鼻翼は多くの量が入る場所ではありません。
そのため両側で合計1cc程度の量を使用する人が多いようです。
鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の効果が期待できる量には個人差があるので、カウンセリングで医師に相談しましょう。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の効果が出るまでの回数は

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の効果が実感できるまでにはどれくらいの回数が必要なのでしょうか。
一般的に鼻のBNLS効果を最大限に発揮するために、1〜2週間おきに3回程の施術がおすすめだといわれています。
鼻はBNLSの効果を実感しにくい部位です。
またその効果がどれくらい期待できるのかには個人差があります。
一般的に効果を実感するには最低でも3〜4回は必要だといわれています。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の痛みは

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の痛みは、注射のときだけです。
鼻筋のヒアルロン酸などは痛みを感じない人が多いですが、鼻先のBNLS(脂肪溶解注射)は刺すときにも注入するときにも痛みがある可能性が高いです。
鼻のBNLS(脂肪溶解注射)のあとに痛みを感じることは基本的にありません。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の腫れは

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の施術直後は軽度の赤みや腫れが出ますが、通常、数時間程度でほとんどの腫れはひき、翌日には完全にひく人が多いようです。
そのため、一般的な美容整形と比較すると、鼻のBNLS(脂肪溶解注射)はあまり休みを取ることができない人でも受けやすい施術といえるでしょう。
鼻のBNLS(脂肪溶解注射)は注射部位に注射痕が生じますが、1~2日で自然に治ります。
注射痕が気になる場合はファンデーションで隠すようにしましょう。

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の主成分

サポニン、αリノレン酸、ナイアシン、チロシン、アネモネオキナグサ、カラクサケマン、グルコン酸マンガン、アスコルビン酸、ニアシナミド製剤、チアミン、リボフラビン、ピドリキシン、ビタミンB6、ヒアルロン酸塩、クエン酸、フマル酸、2-オキソグルタル酸、リンゴ酸、コハク酸、オキサロ酢酸デカルボキシラーゼ、ピルビン酸ナトリウム、コエンザイムA、アデノシン三リン酸、システイン

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の料金比較

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)の料金を比較しました。

品川美容外科 湘南美容外科クリニック もとび美容外科 キレイパス
料金の目安 1cc
1,980円〜
1cc
1,980円〜
1cc
2,980円〜
安いBNLSの
クリニック情報多数
クーポン なし なし なし クーポンコード:2jdn2
特徴 品川美容外科の脂肪溶解注射。 全国展開で病院数が多い。
BNLSが安くて手軽。
BNLS Ultimate 全国から最安クリニックを探せる。
公式サイト

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)のブログ一覧

BNLS(小鼻縮小脂肪溶解注射)の回数は3回?効果を実感するのに必要な回数は何回?

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

2021/10/22

BNLS(小鼻縮小脂肪溶解注射)の回数は3回?必要な回数は何回以上?

鼻周辺の脂肪は、ダイエットをしてもなかなか脂肪を落としにくい部位の一つです。 BNLS(小鼻縮小脂肪溶解注射)とは、切開を行わず、注射のみで脂肪を溶解する鼻のプチ整形です。 メスを使用せずに小鼻に注射することで、気になる小鼻のふくらみの原因となっている脂肪を溶解し、老廃物とともに体外に排出させるのがBNLS(小鼻縮小脂肪溶解注射)です。 BNLS(小鼻縮小脂肪溶解注射)なら、「鼻筋が太い」、「小鼻が広がっている」、「団子鼻を改善したい」など、主に脂肪が原因による鼻全般のお悩みに効果的が期待されます。 こん ...

ブログを読む

BNLS(脂肪溶解注射)の鼻への効果とは

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

2021/10/22

BNLS(脂肪溶解注射)の鼻への効果とは

BNLS(脂肪溶解注射)の鼻への効果とは BNLS(脂肪溶解注射)は、植物から抽出した成分を主成分としています。 今までの脂肪溶解注射と比較すると腫れが少ないという効果が期待できるといわれています。 分解された脂肪細胞や老廃物は毛細血管を通じて尿に排出されます。 BNLS(脂肪溶解注射)は、これまでの脂肪溶解注射ではできなかった、鼻先や小鼻、目周りや口まわりなど、細かい部位の治療に適しています。 手術をすることなく、注入部位の脂肪を減らすことが期待できるといわれています。 鼻へのBNLS(脂肪溶解注射)な ...

ブログを読む

鼻太り!?鼻が太くなったり、鼻が太ったり、鼻に脂肪がつく理由と解決方法

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

2021/10/19

鼻太り!?鼻が太くなったり、鼻が太ったり、鼻に脂肪がつく理由と鼻痩せの方法

最近、鼻が太くなった気がする、鼻が太った気がする・・・そんな方は鼻にも脂肪がついてるいるのかもしれません。 鼻太りとは 鼻太りはいくつか種類があります。 軟骨の成長によるもの むくみ 脂肪 鼻が太くなったのは鼻が太ったから?鼻に脂肪がつく理由 人間の体には皮下脂肪がついています。 これは体を守るためです。 皮下脂肪がついていない部分は通常の場合ありません。 つまり、体重が増えて体の脂肪が増えることで鼻にも脂肪が付きます。 また、その逆で痩せることで鼻の脂肪も落ちます。 これが鼻に脂肪がつく理由です。 鼻の ...

ブログを読む

BNLS(脂肪溶解注射)で鼻の脂肪をダイエットして団子鼻をすっきり

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

2021/10/19

鼻の脂肪にもBNLS(脂肪溶解注射)!団子鼻をダイエット

BNLS(脂肪溶解注射)で鼻の脂肪をダイエット BNLS(脂肪溶解注射)は、顔の輪郭形成を目的に開発された、新しい脂肪溶解注射です。 小顔になりたい人におすすめされるBNLSですが、実は鼻の輪郭整形も対応しているんです。 BNLS(脂肪溶解注射)なら、これまでの脂肪溶解注射では難しかった鼻の輪郭形成にも適しています。 BNLS(脂肪溶解注射)で鼻の輪郭形成 BNLS(脂肪溶解注射)なら、これまでであれば美容整形手術でしかできなかった鼻の輪郭形成が可能です。 鼻翼部(小鼻)と鼻柱の余分な脂肪を取り除くことで ...

ブログを読む

BNLS(脂肪溶解注射)おすすめ美容外科クリニック一覧

施術名:BNLS(脂肪溶解注射)
施術の説明:植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促す施術です。
施術の副作用(リスク):内出血・注入部分に発赤・腫れ・疼痛・つっぱり感・熱感・硬結を生じる可能性があります。

品川美容外科

キレイになりたいあなたを応援♪

札幌・仙台・千葉・大宮・東京(品川・新宿・銀座・渋谷・上野・池袋・など)横浜・静岡・名古屋・梅田・心斎橋・岡山・福岡など

美容顔やせ

品川美容外科の小顔注射「1日脂肪取り® 顔やせ」とは?

従来の脂肪溶解注射は炎症や痛みが出やすく、術後おたふく風邪のような腫れが1週間程度続くことが一般的でした。
品川美容外科の小顔注射「1日脂肪取り® 顔やせ」は、天然由来成分を使用することで、腫れにくくダウンタイムが少ないことが特徴です。

湘南美容外科クリニック

札幌・仙台・千葉・埼玉・東京(新宿・銀座・渋谷・上野・池袋・品川など)横浜・名古屋・京都・大阪・広島・福岡など

小顔注射(BNLS neo)

ダイエットでは痩せにくい顔には小顔注射(BNLS)
8月4日より、人気の脂肪溶解注射BNLSneoの進化版であるBNLS Ultimateの提供を開始。
また、BNLSneoを施術する際に、内出血を出にくくするために使用していたオプションメニューのマイクロカニューレが無料に。
ほっぺやあご下のお肉が気になっている方はぜひお試しください!

【東京都新宿区】もとび美容外科クリニック(新宿駅から4分)

BNLS 安い脂肪溶解注射

BNLSアルティメット(小顔注射)
腫れにくく効果の高いハイブリッドな小顔注射が登場!
BNLSの腫れにくさを保ちながら、脂肪溶解に効果的な成分デオキシコール酸を強化し、その他有効成分を融合した史上最強のBNLSです。

KMクリニック(JR新宿駅東口より徒歩5分)

KMクリニックはJR新宿駅東口より徒歩5分!
高田馬場・歌舞伎町・新大久保からも近くて便利な美容外科クリニックです。
患者様との対話やコミュニ―ケーションを大切にしています。

安いBNLSを全国から探すなら

KIREIPASS

安い美容医療を探すのにおすすめなのがキレイパスです。
「BNLS(脂肪溶解注射)だけではなく、小顔治療で人気の「HIFU(ハイフ)」や「BNLS以外の脂肪溶解注射」もあります。
エリア検索で近所の安い病院を発見できたりするので、美容医療が大好きな人におすすめです!

※BNLSは小文字(bnls)で検索すると検索結果が出てきません。大文字で検索しましょう。

クーポンコード:2jdn2

\美容医療チケット/

美容医療チケット掲載数No.1のチケット購入サイトならキレイパス

脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)もいかが?

聖心美容クリニックの脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)

脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)

FatX(ファットエックス)脂肪溶解注射とは
従来の脂肪溶解注射(メソセラピー)とは違い、脂肪細胞を小さくする効果があり、さらに脂肪細胞の数を減らすことができる最新の脂肪溶解注射です。
脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドのリスクが少なく半永久な痩身効果があります。
1回の施術でも効果がありますが、1ヶ月間隔で3~5回施術すると、より高い痩身効果が得られます。

BNLS(脂肪溶解注射)の量の目安はどれくらい?何本?何cc?

BNLS(脂肪溶解注射)の量の目安はどれくらい BNLS(脂肪溶解注射)で効果を出すには何cc必要?どれくらいにすればいいの?顔痩せには何cc?二の腕には何cc?太ももには何cc?このページではBNL ...

BNLS(脂肪溶解注射)の量の目安はどれくらい?何本?何cc?

-鼻のBNLS(脂肪溶解注射)

© 2020 WMR Tokyo