脂肪吸引

脂肪吸引の種類とは?アキーセルとベイザーはどっちがいいの?

脂肪吸引の種類を比較

脂肪吸引の種類を比較しました。

脂肪吸引の料金が安い施術よりも、料金が高い施術の方が多くの脂肪を吸引できるので効率がいいのがわかりますね。
また、料金が高い脂肪吸引の施術の方がダウンタイムが短く、内出血・痛みも軽減されるという傾向があります。

湘南美容外科クリニックの美ボディ脂肪吸引VASER脂肪吸引ライポマティックAquicell(アキーセル)脂肪吸引
料金の安さ
効果
脂肪吸引の方法専用の機器で陰圧をかけ、皮下脂肪を体外へ吸引脂肪を分解してから吸引特殊な先端部の振動によって脂肪を吸引吸引管の微細な振動で脂肪を柔らかくほぐしながら脂肪を吸引
吸引できる層すべての脂肪層から、皮下脂肪全体の約50%すべての脂肪層から、皮下脂肪全体の約80~90%すべての脂肪層から、皮下脂肪全体の約80~90%すべての脂肪層から、皮下脂肪全体の約80~90%
ダウンタイム
内出血・痛み
皮膚の引締め効果

脂肪吸引の種類:VASER(ベイザー)脂肪吸引

脂肪吸引の種類ではじめに解説するのは、VASER(ベイザー)脂肪吸引です。

VASER(ベイザー)脂肪吸引とは、脂肪細胞にしか影響しない特殊な超音波「ベイザー波」を照射して、脂肪のみを乳化し吸引する施術です。
ベイザー波を用いることで脂肪を液状化させた後、吸引する仕組みです。
従来では困難だった、皮膚直下の浅い脂肪層や、硬くなって繊維質化した脂肪にもベイザー波は作用するので、皮下脂肪のおよそ90%を除去できることが期待されます。

これまで効果の見込めなかった、やせ型の方や部分痩せの方、また再手術の部位にも、高い効果が期待されます。
カニューレの数も豊富なので、デザインにこだわった高度な脂肪吸引が可能です。
従来の施術に比べて、効率的に吸引が可能なため、手術時間が短く、体への負担が軽減も期待されます。

また、「ベイザー波」は脂肪細胞のみを遊離させ、血管などの周辺組織に影響しにくいのが特徴です。
温存された線維組織が術後、収縮するので、皮膚がたるむことが少なく、ダウンタイムの軽減が期待されます。

脂肪吸引の種類:ライポマティック

脂肪吸引の種類で次に解説するのは、ライポマティックです。

ライポマティックとは、超音波脂肪吸引技術を使用した脂肪吸引機でベルギー製の脂肪吸引機のことです。
日本ではあまり普及していない施術ですが、海外の脂肪吸引ではライポマティックが主流となっているといわれています。
ライポマティックは熱エネルギーを使わずに、特殊な先端部の振動によって脂肪を吸引します。
熱の代わりに高空気圧を利用するため、熱による炎症をおこす心配がありません。

ライポマティックは超音波脂肪吸引技術と回転式のハンドピースを使用するため、従来の脂肪吸引機器と比べ、脂肪吸引量が多く、広範囲の脂肪を吸引することが可能です。
そのため吸引時間が短く済み、痛みや内出血が少ないことが期待されます。

また、ベイザー吸引も比較的に内出血や痛みを極限まで軽減させたものですが、ライポマティックはさらに痛みが軽減しているといわれています。
ライポマティックは、ダウンタイムが短く、回復がとても早いのが特徴です。

脂肪吸引の種類:Aquicell(アキーセル)脂肪吸引

脂肪吸引の種類で次に解説するのは、Aquicell(アキーセル)脂肪吸引です。

Aquicell(アキーセル)脂肪吸引とは、カニューレの微細な振動(前後運動)で脂肪を柔らかくほぐしながら吸引する方法です。
これにより脂肪の周辺組織である皮下の組織や血管のダメージを最小限にすることできるため、吸引後の出血を少なくし、脂肪吸引時の痛みを減らすことが可能です。
また、体への負担が減ることで、あざやむくみ、痛みなどのダウンタイム症状を軽減できることが期待されます。

脂肪吸引の種類:アキーセルとベイザーはどっちがいい?

アキーセル脂肪吸引とベイザー脂肪吸引の2種類についてはどっちがいいのでしょうか。

アキーセル脂肪吸引とベイザー脂肪吸引では、アキーセル脂肪吸引の方が1回で吸引できる脂肪の量が多いです。
脂肪吸引量が多い分、アキーセル脂肪吸引の方が痛みが強く思われがちですが、アキーセル脂肪吸引の方が1回の動きで吸い出せる脂肪の量がベイザー脂肪吸引の数倍近くあるため、体への負担はより少ないです。
そのため、手術後のダウンタイム、痛み・腫れ・内出血などは、アキーセル脂肪吸引の方が短いことが期待されます。

アキーセル脂肪吸引とベイザー脂肪吸引の料金の安さという面では、ベイザー脂肪吸引の料金の方が安いです。
料金の安さをとるか、ダウンタイムの短さをとるのかによって、アキーセル脂肪吸引とベイザー脂肪吸引はどっちがいいかが異なります。

おすすめ美容外科クリニックと脂肪吸引の種類

病院名THE CLINIC湘南美容外科クリニックガーデンクリニック聖心美容クリニック
プラン名脂肪吸引脂肪吸引脂肪吸引脂肪吸引
料金320,000円〜71,290円〜132,000円〜275,000円〜
脂肪吸引の方法ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)美ボディ脂肪吸引、ベイザー脂肪吸引、ライポマティック、Aquicell(アキーセル)脂肪吸引ベイザー脂肪吸引、Aquicell(アキーセル)脂肪吸引ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ2.2)、ボディジェット脂肪吸引、エルコーニアレーザー脂肪吸引
脂肪吸引が可能な部位二の腕、お腹、足など顔、二の腕、背中、お腹、足など顔、二の腕、お腹、足など顔、あご、胸、二の腕、背中、お腹、腰、お尻、太もも、膝まわり、ふくらはぎ、足首など
症例件数15,000件以上97,581件開院以来3万件 -
症例写真THE CLINIC公式サイトにあり湘南美容外科クリニック公式サイトにありガーデンクリニック公式サイトにあり聖心美容クリニック公式サイトにあり
モニター募集
クリニックの数全国5院日本・海外で98院全国7院全国9院
支払い方法現金・クレジット・メディカルローン現金・クレジット・メディカルローン現金・クレジット・メディカルローン現金・クレジット・メディカルローン
公式サイト

脂肪吸引量の平均については、『脂肪吸引量の平均は何cc?顔、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎは何cc?』をご覧ください。

脂肪吸引量
脂肪吸引量の平均は何cc?顔、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎは何cc?
脂肪吸引量の平均は何cc?顔、二の腕、お腹、太ももは何cc?

究極のダイエット法といえば、顔や体の脂肪吸引。 ところが、どれくらい脂肪が減るのか疑問ですよね。 このブログでは、脂肪吸引の施術の際の、顔、二の腕、ふくらはぎ、お腹の脂肪吸引量の平均が何ccなのかとい ...

続きを見る

脂肪吸引ができる日本全国の美容外科クリニック

THE CLINIC(ザ・クリニック)脂肪吸引と脂肪注入だけ!脂肪専門の美容外科

東京院、横浜院、名古屋院、大阪院、広島院、福岡院

年間に行う脂肪吸引の症例数は1,000例以上。
ドクターが全員ベイザー脂肪吸引の認定医資格を有しています。
院長クラスのドクターは、ベイザー脂肪吸引の最上位資格「Total Definer」を有しています。
難易度が高い他院の脂肪吸引失敗修正治療も可能。

湘南美容外科クリニックの脂肪吸引

札幌・仙台・千葉・埼玉・東京(新宿・銀座・渋谷・上野・池袋・品川など)横浜・名古屋・京都・大阪・広島・福岡

顔

脂肪吸引実績が97,581件(2021年12月実績)
麻酔代も含めたトライしやすい料金プランもあり!
症例写真多数!安心保証制度!
まずは実績で検討したい貴方に<湘南美容外科クリニック>

聖心美容クリニックの脂肪吸引

札幌院、東京院、大宮院、横浜院、熱海院、名古屋院、大阪院、広島院、福岡院

脂肪吸引

聖心美容クリニックでは、顔、あご、胸、二の腕、背中、お腹、腰、お尻、太もも、膝まわり、ふくらはぎ、足首と、幅広い部位の脂肪吸引に対応しております。
もちろん気になる部位のみの施術も可能です。
また、聖心美容クリニックでは、施術前のカウンセリングから術後のアフターケアまでしっかりとサポート。

ガーデンクリニックの脂肪吸引

池袋・品川・横浜・名古屋・大阪・福岡

ガーデンクリニックでは脂肪吸引治療を行っております。

ガーデンクリニックが扱っているVASER脂肪吸引は短時間の施術で痛みを最小限に抑えます。
そして皮膚脂肪の90%まで吸引します。

初めてのご来院から手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルなスタッフが完全サポート。
理想のイメージを手に入れるお手伝いをします。

※このページの情報は調査時点のものです。最新情報は各美容外科クリニック公式サイトでご確認ください。

施術名:脂肪吸引
施術の説明:超音波や高周波の熱を用いて皮下脂肪を柔らかくし、カニューレと呼ばれる2~4ミリ程度の細い管を用いて、脂肪細胞を直接吸引する施術です。
施術の副作用(リスク):だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・吸引部の皮膚が硬くなる、凹凸になる・効果に満足できない・施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ・皮膚の色素沈着などを生じることがあります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-脂肪吸引

© 2020 WMR Tokyo