PR:




人工知能のおすすめニュース

中田英寿や落合陽一による新連載企画もスタートする完全和英併記の美術情報誌『ONBEAT vol.11』は、大反響を呼んだ個展の記憶も新しい塩田千春とアートブロックチェーンを巻頭特集!




中田英寿が世界に誇れる日本の「ほんもの」を求めて各地を旅する「中田英寿 “にほんもの”を探して」、 落合陽一の言葉と写真作品で綴る「落合陽一の視線」など、 話題性に富む連載企画が新たにスタート!また巻頭では、 森美術館で開催された「塩田千春展:魂がふるえる」と、 「アートブロックチェーン」を、 これぞ保存版!と呼べる内容で特集紹介。
https://onbeat.co.jp/

元サッカー日本代表の中田英寿は、 世界100ヶ国以上の都市を旅する過程で「日本の価値」に気づかされ、 2009年春から47都道府県をめぐる旅を続けている。 日本の伝統文化に直接触れることで中田が見いだした“世界に誇れる日本の本当にいいもの”=“にほんもの”と、 その旅を紹介する新連載企画「中田英寿 “にほんもの”を探して」の第一弾は「佐賀県」への旅を紹介。

佐賀をめぐる旅では、 嬉野茶、 日本酒、 陶磁器などの“にほんもの”を紹介。 伝統の神髄を現代に引き継ぐ人々の技と、 中田英寿の研ぎ澄まされた感性との対話が興味深い。

新連載「落合陽一の視線」では、 メディアアーティスト・落合陽一の写真家としての一面を、 本人の言葉や作品で紐解いていく。 その第一弾は、 この秋開催された個展「情念との反芻―ひかりのこだま、 イメージの霊感―」で発表された新作の数々を、 本人へのインタビューとともに紹介。

最先端のメディアアーティストである落合陽一が、 「なぜ写真を撮るのか」、 そして「何を求めて写真を撮るのか」について、 そのこだわりの撮影術とともに語る。

60万人を超える来場者数を記録した「塩田千春展:魂がふるえる」を巻頭特集。 同展が「魂」「生と死」という重いテーマを扱ったにもかかわらず、 幅広い層を巻き込み大反響を呼んだ理由や、 自身について多くを語らない塩田千春の作家像について、 展覧会のキュレーターであり、 来年度より森美術館館長に就任する片岡真実が語ったインタビューを掲載。

「塩田千春展:魂がふるえる」の展示風景写真を、 色彩の再現性においては定評のある『ONBEAT』の誌面に大型サイズで多数掲載。 展覧会を観た人にも、 観られなかった人にも、 同展をアーカイブするうえで最適の内容となっている。

そのほか、 「アートブロックチェーン」の保存版大特集を掲載。 最先端でアートに携わる豪華メンバーによる特別鼎談とマンガやイラストページで、 「未来のアート」や「アートの民主化」のイメージが語られる。 「高橋龍太郎 ニッポン現代アートの価値」や「日本の建築家」といった連載企画も同時スタートするなど盛沢山の内容の『ONBEAT vol.11』は、 11月11日発売!

■目次
<特集>
・塩田千春
・アートブロックチェーン
漫画:アートブロックチェーンネットワーク~100万年後の未来~(西島大介)
特別鼎談:施井泰平×建畠晢×河内晋平

<連載>
・落合陽一の視線 第一回 情念との反芻
・日本の建築家 第一回 前田紀貞
・高橋龍太郎「ニッポン現代アートの価値」第一回 加藤泉
・中田英寿"にほんもの"を探して 第一回 佐賀
・日本の祭り

<その他>
・誌上限定販売企画 ONBEATが推薦する注目作家たち
市川 透
岩崎夏子
中村弘峰
小黒アリサ
大河原 愛
高橋まき子

■『ONBEAT vol.11』
発売日:2019年11月11日(月)
定価:2,000円+税
発行元:株式会社音美衣杜
尚、 電子版もAmazon及びKindleストアにてご購入できます。
https://onbeat.co.jp/







- 人工知能のおすすめニュース
-

Copyright© WMR Tokyo - 人工知能 , 2019 All Rights Reserved.