プレスリリース

田舎町で生まれた「おっぱい展」NYブルクリンにて開催決定!!

投稿日:




福岡県田川市の女性アーティストによって生まれた「おっぱい展」 2019年3月NYブルックリンへ。

株式会社 and GALLERY (代表取締役 栗原 菜美)は、 平成 31 年(2019 年)3月15日より 3月26日まで おっぱいをテーマにした展覧会 「おっぱい展」 をNY ブルックリンのアートギャラリーJ-COLLABO (300 7th street Brooklyn, New York 11215)にて開催致します。

 

 

 

おっぱい展とは、 おっぱい(女性)にまつわるエトセトラを、 アートを通して世の中に伝えていきたいというアーティスト思いからSDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し「子どもたちのため」「女性のため」「社会のため」「乳がん啓蒙のため」など、 自分だけではない周りの人たちや、 社会のこと、 他の国の人々のことをもっと考える「きっかけ」になるためのイベントとして2017年より開催しています。
★SDGsの取組事例として外務省のHPに掲載されています。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/case/index.html

■ 「おっぱい」の3つの背景

母が子へ与える母乳「おっぱい」・・・生命、 生きること
エロスや心としての「おっぱい」・・・女性の象徴、 ありのままの自分
女性の病気への不安「おっぱい」・・・乳がんの予防と早期発見

「おっぱい」にまつわる3つの背景を踏まえ、 アートを通して世界中に課題を伝え、 問題解決のきっかけとするための展覧会を開催したいと考えています。

今回のNYおっぱい展の内容としては「おっぱい」または「おっぱいを連想させるもの」をテーマに、 日本国内で活動する6名のアーティストが女性の内面やエロス、 ありのままの感情、 生きることを表現したアートを展示販売します。 (出展作品はWEBでも販売)
また、 昨年 代表 栗原の地元である筑豊(福岡県田川市・直方市・飯塚市)でワークショップを開催し、 地域の皆さんと創り上げた100個の陶器のカラフルおっぱい作品や、 イラストレーター黒田征太郎氏のご協力のもと平和への祈りを込めて制作したコラボアート作品(NYおっぱい展にご来場いただいた方にも描いていただけます)の展示をいたします。

 

 

 

■ 「おっぱい展」in Brooklyn, New York概要

日 時: 2019 年 3 月 15 日(金)~ 26 日(火) 
会 場: J-COLLABO(ニューヨーク / ブルックリン)
Address: 300 7th street Brooklyn, New York 11215
HP:  https://www.j-collabo.org

オープニングレセプション : 

「OPPAI TAKOYAKI PARTY」
2019 年 3 月 16 日 ( 土 )   15:00~18:00
NYおっぱい展 ARTのご紹介を含めたレセプションパーティー(たこ焼きパーティー)を開催いたします。
エントランスフリー*どなたでもご参加いただけます。

出展アーティスト:

藤元 真由美(東京)
大城 さとこ(沖縄)
鳥越 一輝(福岡
岡村 しんし(福岡)
クリハラ ナミ(福岡)

主 催: 株式会社 and GALLERY
協 力: 田川市美術館・FAR WEST OF JAPAN ART・黒田征太郎

おっぱい展公式HP:  https://oppai-art.localinfo.jp/

 

 

 









-プレスリリース
-

Copyright© WMR Tokyo - リカレント教育 , 2019 All Rights Reserved.