AI(人工知能)

AI(人工知能)とは

AI(人工知能)とは

AI(人工知能)を簡単に説明すると、コンピュータを使って、学習、推論、判断など人間の知能の働きを人工的に実現したもの、言いかえると人間の脳が行っている作業をコンピュータに置き換えるシステム、ということです。

人工知能の歴史

黎明期(~1956年)

それまで人間が行っていた計算がコンピュータによって可能になると、数学、論理学など人間の知的作業が機械によってできるのではないかと考えられるようになります。チェスの自動プログラムの作成がその代表的なものです。

そして1956年にはじめて「人工知能(Artificial Intelligence)」という言葉がジョン・マッカーシーという研究者によって提唱されました。

第一次ブーム(1956~1960年代)

この第一次ブームの時はすべてがうまくいくように思えました。
簡単な計算しかできなかったコンピュータが少しでも知的なことができると、研究者達は驚愕したからです。

1970年代にはいくつかの問題点が指摘されました。
一つ目は初期プログラムが単純な操作だけしかできず、動作する対象の情報を持ち合わせていなかかったことです。二つ目は(ちょっと難しいかもしれませんが)プログラムが原理的に答えをもつことができるということと、実際の答えが出てくるということは別の話だからです。三つ目は,知的構造を生み出すための基本構造の限界の指摘です。

どんな問題でも解くことのできる汎用のシステムの対応・構築は明らかに困難で、対象領域の知識を十分に用いた専門のシステムによって、問題を解決する試みが行われました。

でも、これは困難な問題を解くには,あらかじめその答えを知っていなくてはならないということでした。

第二次ブーム(1980年代)

ハードウエアの値段が下がり、スペックが上がったことにより商用データベースの開発・活用が盛んになりました。
日本でもコンピュータ産業の輸出が増え、市場規模も2兆円まで成長しました。

そこで政府が第五世代コンピュータを開発プロジェクト開始し、人工知能への関心が高まりました。あわせて世界の各国でも人工知能の研究が盛んになりました。

第三次ブーム(2010年~)

第三次ブームの理由としては、ビッグデータの活用、ディープランニング(深層学習)が要因となります(ディープランニングは機械的に覚えていく学習方法でなく、振り分けをするためのポイントを自分で見つけるというものです)。

これからの人工知能

人間のような知能をもった機械ができるのではないか、人間の知能を超えるのではないか。

最近では囲碁や将棋の世界では、そんな現実が当たりまえになってきましたが、人工知能の研究にはまだ解決されていない問題が数多く残っています。
人間のように考えるコンピュータができるにはまだまだ時間がかかりそうです。
しかし、近い未来には必ず、人間の代わりに考えて作業してくれる機械が登場するでしょう。

現在では数多くの企業がAI関連業界に乗り出し、幅広い分野でAIを用いたサービスを提供しています。

  • 営業力強化 : 売り上げを伸ばしたい、新商品を多く売りたい
  • コストダウン : 経費がかさんで費用を抑えたい
  • 顧客満足度向上 : お客様の満足度にお悩みの解決に
  • 生産性向上 : 生産性を上げたい
  • チャットボット : 自動会話機能を自社Webサイトに採用したい
  • マーケティング : 販売戦略のデータをまとめたい
  • 業務効率化 : 仕事をより早く処理したい

AI(人工知能)用語集

https://wmr.tokyo/ai/ai-terms/

WMR Tokyo - 人工知能とは

WMR Tokyo - 人工知能はAI、ビッグデータなど第四次産業革命の情報サイトです。
AI関連企業が提供している様々なAIを用いたサービスの価値ある最新情報をお届けいたします。
https://wmr.tokyo/ai/

-AI(人工知能)

© 2020 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア