コラム ファッション

【大山式】感謝をこめてミラコレ2019AW現地レポート!ATSUSHI NAKASHIMA、ENDRECHERI(エンドリケリー)堂本剛、高橋ユウの作り出した魅惑的な世界とは? ミラノの荘厳な建築の中で繰り広げられたネオ・ジャポネスクな世界観。日本の次世代が作り出す「美のコラボレーション」は、世界から集まった観客を驚嘆させた。

口コミから累計販売個数500万個を突破した「大山式」シリーズ製品が、世界への発信として、ミラコレの観客を魅了。株式会社イースマイル(https://ohyamashiki.com 本社:東京都世田谷区、代表取締役:仲村淳)が、「大山式 Milano collection model by ATSUSHI NAKASHIMA」のPRで、世界から注目の日本人デザイナーATSUSHI NAKASHIMAのショーのスポンサーシップを行ない、堂本剛、高橋ユウとのコラボレーションを繰り広げた。ターゲット層と同年齢のモデルで女優の高橋ユウがATSUSHI NAKASHIMAの衣装を身にまとい、堂本剛のENDRECHERI(エンドリケリー)の楽曲にあわせてランウェイを歩いた。加えて、メインの壁には堂本剛が描いた龍の墨絵が飾られ、さまざまな国籍のスーパーモデルが、幻想的な世界観のなか、10分ほどのランウェイを駆け抜けた。同PRは「日程的にもミラノコレクションのラストをしめくくる意味合いがあり、ミラノコレクションの目玉となったのでは?」と関係者らは語った。

会場のメインの壁面に飾られた堂本剛の墨絵

会場のメインの壁面に飾られた堂本剛の墨絵

 

そのネオ・ジャパネスクでありながら、ファッションとしてのLGBTQ時代の幕開け、サスティナビリティの本格化を表現したショーは、世界中から集まったファッション関係者に圧倒的な存在感を示した。シャネルなどを手がけたモード界の皇帝と呼ばれるカール・ラガーフェルド(カール・オットー・ラガーフェルド)が、ミラコレが始まる前日の2月19日に死去したこともあり、皇帝との別れを惜しむ追悼の気分と新しい時代の幕開けの雰囲気が、会場に溢れていた。同コレクションは、世界の4大ファッションコレクション(ニューヨーク、パリ、ロンドン)のひとつ。ファッション界ではファッションウィークと呼ばれ、各ブランドが次のシーズンに向けて新作を発表する場となっている。

ブランド街のショーウインドウ以外も演出をこらしていたブランド街のショーウインドウ以外も演出をこらしていた

ATSUSHI NAKASHIMAというファッション表現

公式HPより httpwww.atsushinakashima.com公式HPより httpwww.atsushinakashima.com

ATSUSHI NAKASHIMAは、知る人ぞ知る時代の寵児。経歴もさることながら、自分の世界観に巻き込む力がずば抜けている。今回のコラボレーションの仕掛け人でもある。オーディション会場やフィッティングで見せた丁寧さは、スタッフにも伝わり、彼の世界観を支える原動力になっている。「世界をまたにかけている」というより、等身大のコミュニケーションで、スーパーモデルやスタッフたちとゆるやかにつながっている様子が舞台裏から垣間見えた。

かつてコム・デ・ギャルソンやYohji Yamamoto、KENZOなど、日本人デザイナーがヨーロッパで切り開いてきた場所に、ユニクロやMUJIなど大衆的なブランドまでもが浸透してきた。その中で、どのカテゴリーにもあてはまらない混沌を表現するATSUSHI NAKASHIMAは、次世代のデザイナーであることは間違いない。

経歴
2004年    渡仏 ジャンポールゴルチェ アシスタントデザイナー就任
2009年    ジャンポールゴルチェ ディフュージョンライン ヘッドデザイナー就任
2011年    帰国 自身のブランド「ATSUSHI NAKASHIMA」をスタート
2012年    東京コレクションにてデビューコレクションを発表
2012年   第3回DHL デザイナーアワード受賞
2013年    ジルサンダーネイビー バッグライン ディレクター就任
2015年    海外デザイナー支援DHL Exported にて日本人初受賞
2015年  ミラノコレクション公式スケジュールにてコレクションを発表

【大山式ミラノコレクションモデル by ATSUSHI NAKASHIMA】 コラボレーション篇では、インタビューの模様が収められている。

 

堂本剛とのコラボレーションの妙

ショーのバックヤードにかけられた堂本剛の墨絵をデザインした服ショーのバックヤードにかけられた堂本剛の墨絵をデザインした服

KinKiKids(キンキキッズ)の堂本剛と言えば、誰もが知るアイドルとしてデビューをしてから20年ほどたった。一方、昨今の個人的な音楽活動と言われるENDRECHERI(エンドリケリー)は、すこぶる評価が高く、ミラノコレクションでは、彼の異才が遺憾なく発揮されていた。前回は楽曲提供だけであったが、今回はスタイリングまでコラボレーションを行なうなど、彼もまたジャンルを問わない活躍だ。

【大山式】ミラノコレクションモデル「ミラノコレクション2019AW篇」 のなかに、墨絵の動画が一瞬に挟み込まれている。

 

歴史ある場所と建築の中で、ENDRECHERI(エンドリケリー)の幻想的な楽曲が鳴り響いた。臨場感とイメージの喚起力は、圧巻であり、彼の才能を確信しないひとは誰もいないだろう。芸能と芸術をハイブリッドに体現した人物として、今後のさらなる活躍が期待される。

男性モデルたちは「Cool」という言葉でショーを表現していた男性モデルたちは「Cool」という言葉でショーを表現していた

 

 

高橋ユウがショーで果たした役割とは?

日本人モデルとしてミラコレデビューを飾った高橋ユウ。スーパーモデルたちと対等にコミュニケーションをとっていく物怖じしない態度、そして繊細な優しい受け答え、そのバランス感覚は清々しいほどだった。国籍も言語もバラバラなモデルたちと、同じ時間を過ごせば過ごすほど、親密になっていく様子が見受けられた。

 

【大山式ミラノコレクションモデル by ATSUSHI NAKASHIMA】高橋ユウ 美しいはつくれる篇 ロングでは、ミラコレの舞台裏が収められている。

 

「ファッションショーを成功させる」という約束した同志たちは、ショーのランウェイが終わると、その会場外の扉の向こうで、互いに声を掛け合い、抱き合うなどして喜びをわかちあっていた。そこには、もはや日本人モデルとしての高橋ユウではなく、ATSUSHI NAKASHIMAの世界観の表現者としての顔をしていた。

スーパーモデルに大山式の新製品の装着を教える高橋ユウスーパーモデルに大山式の新製品の装着を教える高橋ユウ

 

世界の美の基準は、多様性かつサスティナビリティな方向に?ミラコレという祭典とは。

 

工夫をこらしたショーウインドウに視線が釘付けに工夫をこらしたショーウインドウに視線が釘付けに

ミラノの街角は、ファッションウィークに沸き立っていた。ショーウインドウは工夫をこらし、世界のファッション誌編集者、バイヤー、プレス、セレブ、インターネット上で強い影響力を持つインフルエンサーなどがブランド街から路地までも闊歩(かっぽ)する。ミラノという都市をあげての祭典に人びとは華やぐ。世界の最も美しいモデルたちが集結してくるせいだろうか。

バックヤードのひとコマバックヤードのひとコマ

 

 

イタリアは、常にある種のブランドの発祥地となってきた。特に、ミラノはファッション都市でもあり「ミラノコレクションは女性のプレタポルテ」と呼ばれている。ファッション素材見本市が行なわれ、最新のテキスタイルと服飾付属品を扱う。今年の見本市では「サステイナブルなイノベーション」がテーマになっている。今後、ファッションの下支えとなると見ている「生産プロセスの管理と運営におけるサスティナビリティ(持続可能性)」まで言及している。

ミラノコレクション2019AW現地レポートを終えて
ATSUSHI NAKASHIMA、ENDRECHERI(エンドリケリー)堂本剛、高橋ユウの「美のコラボレーション」は、ミラノの風景のなかで立ち上がった。そのネオ・ジャポネスクが妖艶に輝く世界は、まだ肌寒いミラノに一足早く春を告げたようだった。

大山式ミラノコレクションモデルby ATSUSHI NAKASHIMA

 

商品名 :  大山式ミラノコレクションモデルby ATSUSHI NAKASHIMA

サイズ :  W135×H178×D10mm

価 格 : 1,980円(2,138円税込)

数 量 : 30,000個限定

硬度 10°

先行予約販売 https://e-smile-shop.com/landing/ohyama_milano_001.php?convid=32

商品名 :  大山式ミラノコレクションモデルby ATSUSHI NAKASHIMA

サイズ :  W135×H178×D10mm

価 格 : 1,980円(2,138円税込)

数 量 : 30,000個限定

硬度 10°

先行予約販売 https://e-smile-shop.com/landing/ohyama_milano_001.php?convid=32

改めて「大山式とは?」
〜日本の技術は、世界中の女性の美と健康、プロポーションへ寄与します〜

【大山式】とは全身を支えている足裏からアプローチできる姿勢補正具として大阪大学名誉教授・大山良徳先生監修のもと、研究を重ね開発された足指パッドです。

立ったときに足の指か浮いている状態で、重心がかかとに偏る状態。多くは、本来は重心がかかるべきの足の指にはかからないため、疲れや不必要な筋肉の発達と脂肪の蓄積により下半身太りを起こすと言われています。

【大山式】を装着すると「自然と足指が動いて浮き指が改善される」「姿勢が良くなる」「自然に脚がまっすぐキレイになる」と、ごく一部のモデルから世界へ広まりました。リピーターも多く、累計販売個数500万個が販売されています。日本の生んだこの技術は、世界中の女性の美と健康、プロポーションへ寄与するのではないかと支持されています。

会社概要

もっと美しく、もっと健やかに。大山式。
https://ohyamashiki.com/

企業理念「日常をより快適にする特異性ある商品を通じて、生涯のパートナーとなります」を掲げ、創立以来、積み重ねてきたノウハウを活かし、今後も消費者満足を追求したブランドを世界へ発信しています。

代表ブランド
「大山式シリーズ」「さよならダニー」「スッキリPON」「藤原式シリーズ」「美男足」「デキスギタオル」など。

商号 : 株式会社イースマイル
代表者 : 代表取締役 仲村淳
所在地 : 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-8-7
電話番号 : 03-5758-1555

- コラム, ファッション

Copyright© WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア , 2019 All Rights Reserved.