二重(LINEお友達登録)

ライフスタイル

“目的地として集い、また来たくなる観光・県産品情報発信拠点”「SAGA MADO」がコムボックス佐賀駅前にオープンしました!

佐賀市観光協会とさが県産品流通デザイン公社は、観光や県産品を中心に、文化やスポーツも含めた佐賀の魅力を発信する「SAGA MADO」を、2020年6月20日(土曜日)に「コムボックス佐賀駅前」1階にてオープンしました。オープン当日にはオープニングセレモニーにて、「新しい生活様式」に配慮し、鏡開きの替わりに県産消毒用スピリッツと約1mの長さの木槌を使用した「SAGA MADO開き」を行いました。

 

約1mの木槌を使ったSAGA MADO開き約1mの木槌を使ったSAGA MADO開き

オープニングセレモニーでは、佐賀県・山口祥義知事をはじめ、佐賀市・秀島敏行市長、佐賀市観光協会・牛島英人会長、さが県産品流通デザイン公社・副島三記子所長等が登壇。

主催者である牛島英人会長は「この情報発信拠点でくつろぎながら、すばらしい観光資源や県産品などの”佐賀自慢”を体感していただき佐賀や佐賀県産品のファンを増やしていきたい。」と語りました。

また、佐賀県知事・山口祥義はオープンに向けて「このSAGA MADOは一つの社会実験。色々な人たちが融合し、試行錯誤しながら、この場所を市民や県民の皆様とみんなで作りあげていきたい。」と語り、佐賀市長は「佐賀の観光や県産品を通じて佐賀の活性化につながる拠点としていきたい。」と語りました。

SAGA MADO外観SAGA MADO外観

続いて行われた「SAGA MADO開き」では、「新しい生活様式」に配慮し、普通のお酒ではなく、県内の蔵元で製造されている、消毒に使えるアルコール度数65%のスピリッツ(蒸留酒)が入った酒樽が準備され、振り下ろす木槌も約1mのものが用意されました。

「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」の掛け声とともに「SAGA MADO」開きが行われると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。通常の鏡開きであれば参加者にお酒を振る舞いますが、今回はスピリッツ(蒸留酒)をスプレーボトルに入れたものを準備し、「乾杯」ならぬ手指消毒の「ハンドクリーンシャワー」を行いました。

「SAGA MADO」 は、“目的地として集い、また来たくなる観光・県産品情報発信拠点”をコンセプトに、上質でおしゃれな佐賀らしい県産品の展示やテストマーケティングを行うとともに、ワンストップで県内全域の観光案内やニーズに応じた旅の提案を行うなど県内各地へのハブ機能を担い、質の高いおもてなしを提供します。
【登壇者コメント】
●method 代表取締役社長 山田遊(SAGA MADO総合プロデューサー)
これまでの店舗オープンの時は、オープン時が100の状態でそれから目減りしていくようなイメージがあるが、SAGA MADOはオープンからみんなで考えながら積み上げていき、佐賀を訪れる人や佐賀に住んでいる人に対してオール佐賀のチームでいい場所にしていくことが必要だ。

●OpenA 馬場正尊(SAGA MADO設計)
全て佐賀の地元の木、地元の家具、地元の大工さんで作っており、オール佐賀でこの空間が出来上がっているのが特徴。家具は全部移動できるようになっているので、SAGA MADOに関わる人みんなが工夫しながらこの場所を使ってほしい。

●UMA/design farm 原田祐馬(SAGA MADOグラフィックデザイン)
ソーシャルディスタンシングのグラフィックを空間の中でさまざま展開しているので、「2m級SAGA」というものをここから発信していくことで、佐賀らしいソーシャルディスタンシングのムーブメントを作っていけたらと思う。

”2m級SAGA“Social Distancing Project ロゴ”2m級SAGA“Social Distancing Project ロゴ

 

2m幅の店内装飾(有田焼)2m幅の店内装飾(有田焼)

2m幅のイカと2m感覚で設置されたイス2m幅のイカと2m感覚で設置されたイス

2mの感覚で並ぶ鍋島直正(左)と大隈重信(右)のイラスト2mの感覚で並ぶ鍋島直正(左)と大隈重信(右)のイラスト

  • 「SAGA MADO」 の概要

名称:SAGA MADO(サガマド)
共同経営:さが県産品流通デザイン公社・一般社団法人佐賀市観光協会
オープン日:2020年6月20日(土曜日)
営業時間:9時~20時(観光案内:9時~18時、県産品情報発信:10時~20時)
場所:「コムボックス佐賀駅前」1階(佐賀市駅前中央一丁目4番17号)
面積:約175㎡

事業内容:県産品展示・販売、テストマーケティング、オンライン等も含めたイベントの実施、市内・県内観光案内(英語対応可)、ツアーの提案・販売、交通案内、手荷物預かり、ガイド受付、グッズ販売
設備内容:観光案内カウンター、県産品展示・販売ブース、Wi-fi・携帯充電コーナー、フリースペース

公式サイト:https://sagamado.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/sagamado_official/

「SAGA MADO」の “感”
■観光客、住む⼈ともにくつろぐことのできる居⼼地の良いオープンスペース
諸富家具や焼き物などの県産工芸品を展示したさまざまな用途に活用できる上質空間の提供、映像等による県産品、観光資源、各種イベントなどによりSAGAを体感

■スポーツを「観る」「支える」⼈たちへ感動体験を提供
佐賀が誇るプロスポーツチームのパブリックビューイングやグッズ販売

「SAGA MADO」の “交”
■若者や感度の⾼い⼈が集うショップの展開
県産素材を使ったスウィーツなどの飲⾷スペース、訴求⼒のあるおしゃれなプチプラ商品、アニメやゲームなどのコラボグッズのフラッグシップショップ

■洗練された県産品を提案する展示・商談会、テストマーケティングの実施、県産加工⾷品、コスメ製品、工芸品等の販売

「SAGA MADO」の “知”
■佐賀市内+県全体を回遊
県内スポットに熟知したコンシェルジュによる対応、旅⾏者ニーズを汲み取った旅の提案

■増加するインバウンドへの対応
多言語での案内、充電サービス、Wi-fiサービス

■おもてなしの充実
着地型観光商品の販売、手荷物の預かり

  • 「SAGA MADO」のロゴ

SAGA MADOのロゴは、さまざまな佐賀の情報が詰まった場所で、いろいろな人に対して窓のように開かれていること、そこでふれたさまざまな「ヒト」、「モノ」、「コト」、「トキ」の情報を開かれた窓から発信してもらう場所ということをイメージしており、ブルーのカラーは窓からのぞく空をイメージしています。

  •  「SAGA MADO」のソーシャルディスタンシング 

「SAGA MADO」は “新しい生活様式” を見据え、情報発信拠点として、佐賀らしいデザインでソーシャルディスタンシングを表現し、発信します。

“2m級SAGA”と題し、佐賀の名物や偉人を2mで表現することで、”佐賀“を知ってもらいながら、ソーシャルディスタンスの感覚とその大事さを認識してもらう狙いです。

  •  「SAGA MADO」のプラン

「SAGA MADO」は、新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点からソフトオープンします。テーマを“共創”とし、今後、県内在住や佐賀出身の方々、県内事業者の方々など、たくさんの方々にワークショップ等で関わっていただきます。

そこでは、「SAGA MADO」を“目的地として集い、また来たくなる観光・県産品情報発信拠点”とするために、「どんなものがあったらいいか」、「どのように発信していくか」などをざっくばらんに意見交換しながら、多くの人に、佐賀や佐賀県産品に共感していただけるような魅力的な空間をみんなでじっくり創り上げていきます。

【参考】コムボックス佐賀駅前の概要
①開業日:2020年6月20日(土)
②開発事業者:ダイワロイヤル株式会社(東京都)
③構造/面積:鉄骨造2階建/延床面積 約7,600㎡
④テナント構成:
[1階]JAファーマーズAコープ街かど畑、さが風土館季楽直販本店、みのりカフェ季楽&おにぎり工房、NBCラジオ佐賀、SAGA MADO
[2階]ドラッグストア、100円ショップなど ※2階テナントは6月20日以降、順次、営業開始予定

おすすめのお花のサブスク

コロナ禍にお花の人気がアップしているのをご存知ですか?

  • 「お花の癒し効果がすごい!お花を飾ったら気分も上がるし、パワーがみなぎりります」
  • 「部屋にお花を飾るようになってから、おうち時間が心地良くなりました」
  • 「公園など緑の多い場所に足を運ぶと癒されるように、おうちにも緑を取り入れると似たような効果を得られると実感しました」
  • 「部屋にお花があるのとないのとで、こんなにも気分に変化が出るのかと、花のある暮らしの効果を早くも実感しています」

など、の声を聞くこともしばしば。

お花屋さんに行かなくても、おしゃれな切り花のブーケがおうちに届くお花のサブスクがおすすめです。

インスタで話題のサブスク!お花の定期便bloomee(ブルーミー)

お花の定期便bloomee(ブルーミー)は日本初の、ポストに届くお花の定期便サービスです。
全国200店舗以上のプロのお花屋さんが
週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけで簡単にお楽しみいただけます。
メディアからも注目を集め、全国放送のテレビでも取材多数!
お花の定期便bloomee(ブルーミー)の累計会員数は10万人、Instagramのフォロワーは13万人を超えている今話題のサービスです。

お花の定期便bloomee(ブルーミー)の特徴
1.全国のお花屋さんが旬のお花をアレンジして定期的にお届け(隔週プランもあり)!!
2.ポストに届くから、忙しくても受け取れる
3.お花屋さんがアレンジしたお花が、可愛い箱に入ってポストに届く
4.配送中に痛んでしまったお花は無料で再送保証
5.旅行や出張などで家を空ける時はマイページからスキップ

町のお花屋さんと変わらぬボリューム【HitoHanaのお花の定期便】

1.ポスト投函型のお花よりも数倍のボリューム
広告費をかけず、その分お花のボリュームに還元することで町のお花屋さんと同じか、それ以上のボリュームのお花を実現!
ギフト用と同じ形のボックスを使用しているため、お花を潰してしまうことなく綺麗な状態でお受け取りいただけます。

2.自由に選べる好みのお花をお届け
お任せを含めた計8色からお好きな色味をお選びいただけます。
専属フローリストが厳選した旬のお花を中心に、毎週レシピを作成しお届け。
日本でもっとも豊富な商品数を扱っているからこそ、一人ひとりのお客様の好みやインテリアに合うお花を提供。
プランは6つの価格帯(税別1,500円〜5,000円)で全て送料無料です。

3.フローリストによるお洒落なデザイン
お花の制作は外注せず、年間10,000件以上の制作実績がある自社のフローリストが制作。
委託先のお花屋さんが余った花材を組み合わせるのではなく、自社フローリストがサブスクリプション用にお花を仕入れ、組み合わせることで、鮮度がよくお洒落なデザインを実現。

花のある暮らしをもっと身近に【&flowerのお花の定期便】

1.プロが市場で厳選、丁寧に水揚げしたお花をお届け
市場から出荷されるお花は新鮮ですがそのほとんどが水揚げ処理がされていません。
どんなに鮮度が良い花でもしっかりとした水揚げを行わないと、
花の寿命は短くなってしまいます。

&flowerは仕入れてから丁寧に水揚げをしたお花をお届けしているため、
より長くお花を楽しんでいただけます。

2.生活に合わせてお花をお届け
毎週、隔週、月1回、好きな配送間隔を選んでお花をお届け、
配送曜日も3パターンから選べます。
選んだ配送曜日や間隔はマイページで手軽に変更できます。

3.ポスト投函で受け取り不要、不在でも安心
受け取り時間を気にする必要がありません。

4.長く続けられる機能
次回のお届けをスキップする機能の他、
しばらくお花のお届けをおやすみする機能もあり、
好きなタイミングでお花のお届けを再開・停止できます。

5.安心の品質保証
延命剤付きでお花が長持ち、万が一お花が痛んで届いてしまった場合でも
すぐに新しいお花をお届けします。

-ライフスタイル

© 2021 WMR Tokyo